メンバー

member

幹事

  • *

    代表 / 教授 / センター長

    柿本 竜治

    専門:都市計画、防災・減災

    大学院先端科学研究部(工学系)
    くまもと水循環・減災研究教育センター

    「自然豊かな農村集落とにぎわいのある「まち」」 自然豊かな郊外の町。これからの益城町は、益城インター、熊本空港を生かし、豊かな農村生活とにぎわいのある「まち」を創造していくのではないのでしょうか。

  • *

    准教授

    竹内 裕希子

    専門:地域防災、防災教育

    大学院先端科学研究部(工学系)
    くまもと水循環・減災研究教育センター

    益城町で自主防災組織の設立や学校での防災教育の実施をお手伝いしています。自分たちの自主防災組織を立ち上げた地区が、別の地区の組織立ち上げを支援する。そんな繋がりができてくるといいなと思っています。

  • *

    准教授

    田中 智之

    専門:建築計画・建築設計

    大学院先端科学研究部(工学系)
    くまもと水循環・減災研究教育センター

    「ましきラボ」の設計・デザインを担当しました。復興のまちなかでホッとできる場所として、秋津川の水辺を望む縁側のようなラボを開いておりますので、まちづくりや建築の相談に是非お越し下さい。

  • *

    准教授

    田中 尚人

    専門:歴史・風景・まちづくり

    熊本創生推進機構
    くまもと水循環・減災研究教育センター

    益城町では復興計画策定時に、みんなで「かたる」協働の場づくりを掲げました。現在は「平成28年熊本地震記憶の継承」事業を通じて、多様な主体と、より佳い社会づくりへの変化を促し、楽しく、前向きなまちづくりの実践を行います。

  • *

    准教授

    星野 裕司

    専門:景観デザイン

    くまもと水循環・減災研究教育センター

    ましきラボでの活動を通して、地震の前も後も、私たちの暮らしは強く繋がっているのだなという当たり前の事実を強く実感しています。皆さんとともに、益城の持っている素晴らしさをこれからの未来につなげていければと思っています。

  • *

    准教授

    円山 琢也

    専門:都市計画・交通計画

    くまもと水循環・減災研究教育センター

    専門家として関わるというより、現場から常に学ぶ機会をいただいている日々です。何か新しいものを創造することだけが復興ではなく、地域が今まで持っていた力を再確認し、みんなが笑顔になれることが重要と実感しています。

教員・研究者

  • *

    特任助教

    内山 忠

    専門:都市計画、建築計画

    熊本創生推進機構

    災害を予測し、完全に防ぐ事はできまん。災害に備え、防災・減災を考える事、災害が起こった後の復興デザインが重要になってきています。地域とつながり、未来につながるをデザインを考えていきます。

  • *

    特任准教授

    鳥井 真之

    専門:地質学

    くまもと水循環・減災研究教育センター

    豊かな益城の大地は、大昔から海や湖の底だったり、溶岩や火砕流に埋め立てられたり、たまに襲ってくる洪水や地震によって作られたようです。この大地と、益城の人々との繋がりを一緒に考えてみましょう。

  • *

    准教授

    藤見 俊夫

    専門:災害リスクマネジメント

    くまもと水循環・減災研究教育センター

    「ますます元気になる益城町」静かな田園に囲まれながらも高速道路インターチェンジや空港が近くて活気のある益城町は、これからも多くの人々を惹きつけ、ますます元気になっていくと思います。

  • *

    学術研究員

    増山 晃太

    専門:景観デザイン

    くまもと水循環・減災研究教育センター

    大災害は不幸なことではありますが、そこをきっかけに新たな仲間と思いもよらぬ道が開けることもあります。各々が今できることは多くないかもしれませんが、あの経験を胸にいかに生きていくのかを考えることも「復興」なのだと思います。

学生コアメンバー

  • *

    若手研究員

    吉海 雄大

    くまもと水循環・減災研究教育センター

    発災以降、まちでは多くのことが変わろうとしており、復興は多くの時間を要します。しかし、長く続けていると意識は風化していくもので、変化に柔軟で変わらない活動を続けていくことが大事だと考えています。

  • *

    博士前期課程2年

    大瀬良 俊二

    大学院自然科学教育部(竹内研)

    復興が進むということは、熊本が前に進んでいる証であると同時に、災害の記憶の風化が進んでしまうことも意味しています。震災の記憶をいかにして継承していくべきなのかを、皆さんとともに考えていきたいと思っています。

  • *

    博士前期課程2年

    西本 直樹

    大学院自然科学教育部(藤見研)

    ましきラボの活動を通して、多くの方からお話を聞かせていただいたり、様々な経験をさせていただきました。活動を通して得られたものを町の方々へ還元し、今後も復興活動の支援を続けていきたいと考えています。

  • *

    博士前期課程2年

    松田 楓

    大学院自然科学教育部(星野研)

    少しずつ、それでも着実に復興への道を歩んでいる益城町。辛くなったり行き詰まったりしたそんな時に、ましきラボという存在がみなさんの心の支えになれるよう、これからも精一杯活動を続けていきたいと思っています。

  • *

    博士前期課程2年

    渡邉 萌

    大学院自然科学教育部(円山研)

    震災直後から益城町と深く関わっています。益城町の復興プロセスにおいて、その過程で得られた知見を今後に活かしていかなければなりません。アドホックなものだけでなく地域移転性を持つものを探しています。